患者さまの声と症例レポート

ケースレポートNo.2

主訴 歯が痛い。歯石をとってもらいたい。怖くて歯医者に通えなかった。
総治療期間 約1年
治療費 咬合再構成:30万円
小矯正:15万円
補綴:約100万円

左上の急性のお痛みを訴えて来院。消炎処置後、治療計画を立てていきました。各種検査を行い、中等度の歯周病と診断しました。

歯周基本治療とカリエス(虫歯)の処置、根管治療を行いました。

咬合再構成のためのプロビジョナルレストレーションを作製して、数か月使用していただき、口腔内の調和を図り最終補綴物に移行していきました。

ステップごとの歯科衛生士のブラッシングチェックも行いました。下顎の義歯は保険のものです。

極度に歯科恐怖症の患者さんに対して歯科衛生士と一丸となって取り組んだ症例です。

患者さんが段々心を開いてくださることが喜びでした。途中からは「歯ブラシが楽しいの」というような、前向きで明るい言葉が聞こえてきました。

この治療のキーポイントは精密な仮歯=プロビジョナルレストレーションです。

咬み合わせが崩壊している場合には、プロビジョナルレストレーションといって精密な仮歯を入れて一度そのかみ合わせが正しいかどうかシミュレーションして、最終の被せ物に移行していく事が大事な過程となります。このステップは残念ながら健康保険制度では含まれておりません。

もう一つは下顎前歯部の歯列不正。

これも口腔内を力で破壊する不良因子です。出来る限りフラットが望ましいです。今回はワイヤー矯正で対応致しました。

施術後

現在

現在は引っ越されて他県より電車でメインテナンスに通われています。

アクセスが良いのもこの武蔵小杉の大きな利点であります。

この患者さまの声

関連メニュー