歯を残す歯根の根管治療・歯内療法

坂本歯科医院TOP

各種保険取扱い 急患対応

9:00-13:00 14:20-18:00 土17:00まで

044-711-8148

ネット予約

根管治療・歯内療法 Root Canal

根管治療・歯内療法とは

根管治療・歯内療法

根管治療・歯内療法とは、一般的に歯の根(根管)についての治療のことを指します。

歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。

この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。

このような症状を改善させるには、歯髄を除去して歯を残す治療をしなければなりません。これが根管治療・歯内療法と言います。

マイクロエンド治療

保険診療での根管治療の限界

歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。

根管は直径1mm以下と非常に細く硬くなった部分や、曲がっているものもあり、形も状態も人それぞれです。そのため、専門外来で用いるマイクロスコープを使用せずに、目視による手探りで細菌を完全に取り除くことは大変難しい作業となります。

マイクロエンド療法は自費治療となります。

当院のマイクロエンド治療

ラバーダムの装着

ラバーダムの装着

根管治療する歯以外をラバーダムで覆い隠すことにより、根管治療中の歯を細菌感染から防ぎ、口内無菌治療を行います。これにより、口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止し、理想的な衛生環境で治療を行います。

マイクロスコープ

根管治療の成功率を上げるマイクロスコープ

専門的なマイクロエンド治療では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し患部を拡大しながら治療を行うことで、ほとんどの感染源を取り除くことができます。

これにより根管内の疾患の再発が起きにくいことが特長です。歯の治療の成否を分ける根管治療において成功率を上げるためには、絶対に欠かすことのできない機材がマイクロスコープです。

CT撮影

CT撮影

CT撮影を使用して得られた画像データから歯根や病巣の三次元的な形態やマイクロスコープでは見つけられない根管などが確認でき、正しい診断が可能となります。

専門医による治療

専門医による治療

渡邉 征男(担当専門医)

根管治療・歯内療法に特化したトレーニングを受けた専門医が高精度なマイクロエンド治療を行います。

【略歴】
2011年7月 医療法人社団 明征会 マイクロエンド歯科開設
2013年4月 日本歯科大学付属病院総合診療科2 臨床講師
2014年4月 PESCJ歯内療法認定医
2015年4月 石井歯内療法研修会 インストラクター
2016年9月 マイクロエンド歯科 両国に移転開設
2020年7月 PESCJ認定歯内療法専門医

歯の根の治療でお悩みの方はお気軽にご相談ください

歯の根の治療

根管治療・歯内療法は、どこの歯科医院でも行っている一般歯科治療です。むし歯が深く歯髄に達していれば、虫歯治療とセットで根管治療が行われるほどポピュラーな歯科治療のひとつです。

しかし、どこの歯科医院でも行っている根管治療・歯内療法なのですが、非常に細い歯髄を探りながらの処置を要しますので、実は難易度の高い治療となります。

しっかりと歯の根の治療をしなければ、再び根の先の病巣が悪化し、再治療や抜歯をせざる負えないこともあります。

坂本歯科医院では、再治療や他院で抜歯を宣告された患者様に対して、歯を残す可能性があるのならば、あらゆる可能性を模索します。「どうしても歯を残したい」「再治療が多く一向に改善しない」などでお悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談下さい。

自費料金表はこちら

当院へのアクセス ACCESS

府中街道沿いの「武蔵小杉駅入口の信号」のところにある伊達ビル3階に当院はあります。
1階はお茶屋さんがあり、右奥に上に昇るエレベータと階段がありますので、3階までおあがりくださいませ。

  • 武蔵小杉駅「南口」徒歩約3分

    東急東横線・目黒線・JR南武線

  • 武蔵小杉駅「新南口」徒歩約8分

    JR横須賀線・湘南新宿ライン