最先端インプラント

まとめ

まずは知りたいインプラントのこと

ブリッジにしたら・・・

  • ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう
  • ブリッジを支えている歯が痛んでしまい、結局抜くことになってしまう
  • 健康な歯とブリッジの見た目が違って見える

部分入れ歯にしたら・・・

  • ガタガタして、硬いものが咬めない
  • きちんと発音できない
  • 食事の際に、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む
  • 歯茎が痩せてくるので、作り直さないといけない

インプラントだからできる天然歯と変わらない自由な生活

インプラントなら、そんなお悩みを解決できます。

インプラント治療によって天然の歯とほとんど変わらない感覚で、ものを噛んだり、会話を楽しむことができます。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、被せ物をして人工の歯を作る治療です。

失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な画期的治療法です。

また周りの歯を傷つけることなく、ご自身の咬みあわせを再現することができます。

インプラントの利点

メリット 自分の歯と同じ感覚で食べることができる
口元のコンプレックスの解消
歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけないで咬みあわせを元に戻せる唯一の治療方法

これまで失った歯を補うためには、周囲の歯がその負担を担う方法しかありませんでした。
ブリッジや入れ歯という治療方法です。結局は周りの歯を徐々に痛めつけ、咬みあわせの崩壊、総入れ歯に近づいていきます。

一方インプラントは、歯を失った部分のみを治療する方法なので、他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要はありません。周りの歯を守ることができます。つまりブリッジや入れ歯と比べるとゴールの違う治療方法なのです。

治療法方とイメージ 硬いもの
が噛める
違和感が
ない
美しい
仕上がり
保険適応
がある
特徴





歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法

× △顎の骨に固定されているので、自分の歯と同じように食べる事が出来る
△周囲の歯に負担を自分で負担をかけない
▼簡単な手術が必要である。



失った歯の両側を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法

△固定式のため違和感があまりない
▼両隣の健康な歯を削らなければならない
▼周囲の歯に負担をかける


失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を留める方法

△歯を削らずに済む
▼食べ物が詰まりやすく
虫歯や口臭の原因になりやすい



取り外し可能な人工の歯を顎の上に乗せる方法

△簡便である
▼入れ歯がぐらついたりずれたりする。
▼食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり、傷む事が多々ある

インプラントの歴史と選択の理由

インプラントの父であるブローネマルク博士の言葉です。
“人類のQOL(生活の質)の向上、それが私たちのただひとつのゴールです”

1965年、スウェーデンの学者、ブローネマルク博士が実験中チタンの板に骨が結合する現象を偶然発見し、研究を重ねた結果、革新的に安全なインプラント治療が発達し、現在のインプラント治療が確立したのです。

当院で使用しているインプラントは、インプラントメーカーの中でも1位2位のシェアと一番長い歴史を誇るブローネマルクシステムストローマンシステムを使用しております。

現在では、国産のコストをおさえたインプラント製品もたくさんでていますが、患者様のお体の健康のために使用するものですから安全の実績のあるインプラントを使用しています。

インプラント治療の流れ

  • STEP1.診査・診断

    インプラントを埋め込む顎の形や咬みあわせを診査するために、レントゲン、研究用模型、口腔内写真、CT撮影、歯周病検査など必要な資料をとります。

  • STEP2.手術

    麻酔をかけて、骨を削りインプラントを埋入します。骨の状態によって、術式が異なります。

    【1回法の場合】

    骨の状態が良い場合は、インプラントの上にキャップをして手術を終了し治癒期間を待ちます。治癒期間は通常約3か月です。

    【2回法の場合】

    骨移植や骨の状態が脆弱な場合、手術を2回に分けます。一度目の手術の治癒期間終了後、粘膜にあけて、キャップを取り付けます。

    【無切開手術】

    あらかじめCT上でどの部位に埋入するか、ノーベルクリニシャンという3Dシュミレーションソフト上でインプラント手術を設計し、サージカルステント(手術用の補助器具)を作ることで、無切開でインプラント手術を行うことができます。痛みや腫れの軽減になります。最先端のインプラント治療方法です。

  • STEP3.仮歯装着

    治癒したところで、インプラントに仮歯を装着し、実際に使用しながら形態や咬みあわせを調整していきます。歯が欠損したことによって、顎の位置が変位しています。仮歯によって、顎の位置を元に戻す作業は、インプラント治療において非常に重要な工程です。仮歯が入ればある程度のものは、召し上がることができます。

  • STEP4.最終的な歯の装着

    仮歯で得られた情報基に歯並びや色をチェックして、最終的な歯を作成します。
    数回咬みあわせのチェックが必要です。

  • STEP5.メインテナンス

    治療が終わった後も、しっかりメインテナンスしましょう。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはかかります。定期的にクリーニングをしながら、咬みあわせ、レントゲン、CTによる骨の状態のチェック、清掃状態を年に3~4回行っていきます。
    それがインプラントの長持ちする秘訣です。

FAQインプラント

インプラントができない人はいますか?

以下の方はインプラント治療ができません

  • 顎の骨の成長が終わっていない年齢の方
  • 歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方
  • アルコール依存症の方
  • 歯科医師と意思疎通がとれない方
  • 極度に内科的に問題がある方
痛みはありますか?
手術中は麻酔をしっかりとかけますので、痛みはほとんど感じません。
またお口の中は体の他の部分と比べると、治りやすい部分でもあります。
実際に手術された患者さんの感想は、思ったよりも楽だったというものがほとんどです。静脈内鎮静法を用いて楽に手術を行うこともできます。
手術時間はどれくらいですか?
手術時間はインプラント体の数や手術の難易度によって異なり、個人差ありますが、通常30分~1時間程度です。
費用はどれくらいかかりますか?
当院では、インプラント1本約40万円からになります。上部構造や埋入部位、骨造成の有無などで費用は異なります。インプラント治療には、保険は適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。
インプラントはどれくらいもちますか?
近年インプラント治療の成功率は飛躍的に伸びています。20年累積データとして、上顎90%以上、下顎95%以上と言われています。これは上顎の骨質が下顎より弱いためです。40年以上使用している患者さんもいらっしゃいます。
手術後気を付けることはありますか?
歯科医院での定期健診(歯周病の予防と咬みあわせの微調整)とご自身による毎日のケアが必要となります。きちんとしたメインテナンスをすることによって、インプラントを長く快適に使っていくことができます。
歯がまだ数本残っていますがAll – on – 4は可能でしょうか?
可能です。通常、歯が残っている方や義歯を入れている方は、手術当日までそのままご使用いただき、手術当日に抜歯を行います。同日中にインプラントを埋め込み、その数時間後には新しい歯(仮の歯)が入ります。
All-on-4をしたいのですが、どのくらい持つか心配です。
All-on-4の医学文献によると、インプラントの残存率は上顎で97.6%、下顎で98.2%、
ブリッジとしては上下とも100%という結果が出ています。この成功率は大変高いものと言えます。
大がかりな手術のようなので痛くないか心配です。
手術中は麻酔をしっかりしますので、痛みは感じません。また、お口の中は体の他の部分と比べると、手術の範囲がせまいですし、治りやすい部分でもあります。
手術に恐怖心がある場合は、専門の麻酔医による静脈内鎮静法という方法でリラックスしながら、手術を受けることも当院では可能です。
できるだけ痛くなく、腫れないようにAll – on – 4をしてもらう方法はありますか?
ノーベルクリニシャンシステムというCTを基にコンピューター上で精密な計画を立てて手術を行う方法があります。この方法ですと、歯ぐきに3ミリ程度の孔を4つ~6つ開けインプラントを埋入するだけで手術は終了です。
無切開で手術を行えるので、痛みや腫れを最小限に抑えることが可能です。
患者さんによっては、術後と明朝に鎮痛剤を飲んだだけという方もいらっしゃいました。
All – on – 4をしたいけど体力に自信がありません。年齢のことも気になります。
上記のノーベルクリニシャンシステムは、体力のない方や高齢の方にも適しています。しかし、あご骨の状態、開口量によっては使用できない場合もあります。

症例ケース

下顎インプラント

奥歯3本
  • 施術前
  • 施術後

インプラントメニュー