入れ歯インプラント

入れ歯インプラント

入れ歯は、自身のアゴの形態に合っていないと骨が減ってしまい、痛くて噛めない、うまく話せないなどの症状が出てきます。

これは単に歯が無くなったから入れ歯にするといったことの弊害でもあります。 よく噛め、発音ができ、しっかり合う入れ歯は、自費の入れ歯となるのが一般的です。

また、入れ歯にすると様々な費用がかかってきます。これは、入れ歯を洗浄する洗浄剤の購入、洗浄する手間、メインテナンス時の調整費用など、余計な事柄が増えてきます。

当院では、自身の歯が生え揃っていた状態に戻す(機能性)と、見た目もキレイにする(審美性)を考慮し、インプラントによる入れ歯をおすすめしています。

オーバーデンチャーインプラント

オーバーデンチャーによるインプラント治療とは、インプラントを2本埋入し、ボールアタッチメントを取り付けます。
それにより、入れ歯が横滑りする・回転する事を防ぎ安定して、お使い頂く事が出来る治療方法です。また、今まで通りご自身で入れ歯を外すことが出来るので、ご高齢の方でもきれいに清掃する事が出来ます。

オーバーデンチャーのメリット

メリット インプラントを2本と、アクリルの新義歯のみなので費用を抑えつつ、固定性の入れ歯を入れられます
骨の状態が良好であれば、インプラントを埋入した当日に義歯と固定することが可能です。
術前のコンピューターシュミレートにより切開もほとんど行わないので腫れや痛みを感じる事もほとんどありません。

ボールタイプオーバーデンチャー

オーバーデンチャーの中でボールタイプのものをボールアバットメントといいます。このボールアバットメントはオーバーデンチャーの中の1つの方法です。

インプラントの先のヘッドの部分が丸いボール形状になっており、入れ歯側に特殊な金具を付け、インプラントと入れ歯の部分をはめ込み連結させて固定します。

このボールアバットメントによるインプラント入れ歯は、ご自身でも簡単に取り外しができます。

バータイプオーバーデンチャー

バータイプによるオーバーデンチャーは、インプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込む金具を付け、インプラントと入れ歯を固定します。

これは、ご自身でも容易に取り外しができない程の固定となるので、強固に入れ歯と連結できます。

その他、磁石を使用して入れ歯を固定する方法もあります。
オーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行うインプラント入れ歯です。使用するインプラント本数も少なく済むため、経済的にも優れた手法となります。

オーバーデンチャーのケース

  • 歯肉にボールアタッチ メントが出ています。
  • インプラント2本埋入後のレントゲン。
  • 義歯の内面 ボールアタッチメント固定できる構造。
  • 取り付け、取り外しはご自身で行えます。

ファイナル(治療後)

All-on-4(オールオンフォー)

近年注目のインプラント治療の中で、特に注目を集めているのが「All-on-4(オールオンフォー)」という方法です。

簡単に説明を致しますと、4本のインプラントを上顎、下顎もしくは上下両顎に埋め込むだけで、口の中の歯全体を固定式の義歯にすることができるというインプラント治療法です。

以前は、歯をすべて失った方がインプラント治療を行う際には、上下顎ともに6~10本のインプラントが必要とされていました。そして、しっかり噛めるようになるまでの治療期間は、インプラント手術から約3~6ヶ月かかり、治療費もとても高額なものであったため、インプラント治療を受けられない患者さんも多くいらっしゃいました。

この「オールオンフォー」による即日治療は、下顎は4本、上顎でも4~6本のインプラントで手術当日からしっかり固定して、噛む機能と見た目の審美性を即日に回復できる画期的なインプラント治療法です。

実際の症例

  • 施術前

    この方は、ご自分の歯が1本しか残っていなかったのですが、all-on-4インプラント治療法で、きれいに全ての歯がよみがえりました。

  • 施術後

    下のレントゲンをご覧下さい。
    4本しかインプラントが埋め込まれていないのがお解り頂けると存じます。

4本のインプラントを斜めに埋め込み、1本にかかる力を均等に配分しながら、歯で物を噛んだ時の力が加わる方向にインプラントの軸を合わせ、全ての人工歯を支える丈夫なフレームによってインプラントを4つ連結し、一体となって支えるからです。

その結果、顎全体の歯を4本だけで支えることが可能になっています。
手術の当日に仮歯を入れるところまで行われます。この段階で日常生活になんら問題なく使用することができます。オールオン4インプラントならその日から食事をすることももちろん可能です。

All-on-4のメリット

このように、オールオン4はインプラントの本数が少ないので、費用の面でも、時間の面でも極めて負担の少ない医療方法です。

もちろん患者さんの体力面でも負担が少なく、顎の骨の量が少ない方や歯槽骨の硬さが乏しい人でも骨移植などの必要もなく行うことができます。

オールオン4は、安全面でも、負担面でも革新的なインプラント技術といえるでしょう。

最後に、写真の患者さんの、術後すぐのお写真をお見せしましょう。なんとリンゴをお食べになっています。