CT・3Dシミュレーション

CT検査って必要なの?

インプラント治療をする前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われていますが、それだけではインプラント治療の術前検査としては完璧ではありません。

これはインプラント手術では、神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断する必要があり、安全で正確なインプラント治療を行うにはCT撮影は必要不可欠です。

CTによる精密検査の結果、最終上部構造(歯の冠の部分)の位置の想定、不必要な骨移植・骨造成の回避、そしてフラップレス術式(歯肉を切らない治療法)やイミディエイト術式(即時インプラント)が適応できるかどうかの判断を詳細に行えるため、お一人お一人に最適で理想的な治療計画を立てる際の大きな判断材料となります。

また、根管治療やその他の精密な治療を行う際にも、このCT検査を行うことにより、安全で確実な治療計画が立てられます。

当院では、院内にこの歯科用CTを導入しているため、迅速で的確なCT撮影が可能ですので、ご安心して治療をお受けください。

3Dシミュレーションについて

比較的新しい技術、インプラント治療のクオリティを上げる新技術が3Dシミュレーションです。

これは、歯科用CTで得たデータを基にコンピューター上でバーチャルインプラント手術を行います。

この3Dシミュレーションをおこなうことにより、血管の位置や神経の位置などを把握しながら、より安全・確実にそしてBESTな位置にインプラントを埋め込む計画していきます。

このデータを基にガイドを作ります。ガイドを使えば、インプラントを埋め込む位置が正確に解るため、歯肉をほとんど切開せずに手術が行える利点もあります。

当院の3Dシミュレーションはノーベルクリニシャンを使用しています。
ノーベルクリニシャンはノーベルガイドをバージョンアップしたソフトで、より質の高いシミュレーションがおこなえます。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー

コンピューターでの3Dシミュレーション(バーチャル手術)をおこない、どの場所にどの角度でインプラントを埋め込むか一度体験をします。それを基にインプラントを埋め込む際に歯肉に乗せるガイドを作成します。

従来の手術では、歯肉を切開してインプラントを埋め込む位置や角度を確認しながらおこなっていました。そのため切開も大きくなり、術後の痛みが残り、完全な回復に時間がかかっていました。

一方、ガイドを使う手術(ガイデッドサージェリー)をおこなうと、最初から穴をあける位置も角度も解っていますから、時間も短縮され、歯肉は最低限穴をあけるだけ。ですから、患者さんに負担をかけずに手術がおこなえます。

症例ケース

  • 来院時
  • インプラント手術後
  • 施術前