入れ歯について

入れ歯が痛い、違和感がある、そんなお悩みはありませんか?

歯を失い入れ歯(義歯)をしている人はかなりの数います。その数に比例して「入れ歯をすると痛い」、「違和感がある」という言葉も多く聞きます。

また、患者様本人が主観的に感じる、「いい」「悪い」にかかわらず、客観的にも不適合な入れ歯が少なくありません。

武蔵小杉の坂本歯科医院では、患者様お一人おひとりに合った入れ歯をご提供できるよう、事前にカウンセリングを綿密におこないます。

また、入れ歯を装着後も定期的な検診をおこない、問題が起きた場合もすぐに対処できるように心がけております。

入れ歯の種類

総入れ歯

歯をすべて失い総入れ歯にするときは不安がある方もいらっしゃると思います。最近では総入れ歯の品質が向上し、咬みやすい入れ歯や見た目が気にならない入れ歯も作られています。

また、総入れ歯が合わないという患者様の声も耳にします。下記のような場合は総入れ歯があなたのお口に合ってない可能性があります。

  • 総入れ歯が痛い。
  • 総入れ歯がはずれる。
  • 総入れ歯にしてから、食事ができない。
  • 総入れ歯にしてから、しゃべりにくい。
  • 総入れ歯にしてから、咬み合わせがおかしいような気がする。
  • いつも口の中の総入れ歯が気になる。
  • 総入れ歯を作ったけどすぐダメになる。

上記の項目がひとつでも当てはまる事がありましたら、現在使用している総入れ歯が合ってない可能性があります。総入れ歯でお悩みの方は一度ご相談ください。

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。

部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。

部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、その部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は歯を失うごとに低下していきます。

いろいろな悩みをかかえておられる患者様が多くいらっしゃいます。これらのほとんどは、残っている歯が悪くなり、ダメになって起こることです。部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるか、が最も重要な課題となりますので、定期的なメンテナンスは重要な要素になります。

自身の歯と変わらず、しっかり噛めるインプラント入れ歯

入れ歯の場合は、自身のアゴの形態に合っていないと骨が減ってしまい、痛くて噛めない、うまく話せないなどの症状が出てきます。

当院でおこなうインプラントを起用した入れ歯(オーバーデンチャーやAll-on-4)は、自身の歯が生え揃っていた状態に戻す(機能性)と、見た目もキレイにする(審美性)を考慮し、設計・治療をおこないますので、入れ歯だけのものよりも快適な生活が送れるようになります。