詰めもの・ラミネートべニア

ラミネートべニア・貼り付けとは

ラミネートベニアは歯の表面を 0.5 ~1ミリくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のように張り付ける方法です。

ラミネートベニア法の適応症としては、歯が黒ずんでいたり、前歯にすき間が空いている場合です。このような場合にはホワイトニングでは、効果が期待できません。また、同時に歯の形も美しく変えられます。約 2、3 回の通院で仕上がります。

ラミネートベニアはセラミックで出来ていて、天然歯のエナメル質に近い硬さと強度を持っています。かなりの衝撃を受けない限り、欠けたりすることはまずありません。また、変色や変質もなく天然歯に近い自然な色です。

こんな方におすすめ

  • 短期間で軽度の歯並びの修正
  • 変色歯の改善
  • 歯の一部が欠けたり摩り減って形が見苦しい部分の回復
  • 歯の隙間(すきっ歯)の改善
  • 本来の歯より小さい歯(矮小歯)の改善
  • 傾いた歯や捻じれた歯の修正
  • 歯の表面に凸凹や詰め物があり均一でないものの改善
  • 治療回数も少なく(通常2回)、最小限しか削らない

症例ケース

ラミネートべニア

前歯(左右1番の計2本)
  • 施術前
  • 施術後