無痛治療

歯医者が怖い…痛いのが嫌だ…口が開けられない…などの理由で歯科治療ができない方はご相談ください

歯が痛いのに、歯医者さんに行かない、何がそうさせるのかと言えば歯の痛みよりも治療そのものが痛いから・・・と言われる方が多いと思います。

しかし、現在では、様々な技術で、痛くない治療が出来るようになっております。

静脈内鎮静法

専門の麻酔医

不安や恐怖心を和らげ、リラックスして治療を受けて頂くための方法

  • 「治療が怖くて歯医者に受診出来ない方」
  • 「治療中に血圧が上がってしまったりする方」
  • 「お身体の病気が気がかりで、安心して歯科治療を受けられない方」
  • 「治療器具がお口の中に入ると、嘔吐してしまう方」

麻酔の専門医が、全身の健康状態を把握した上で、血圧や脈拍をみながら点滴で少しずつお薬を入れていきます。

数分すると効果が表れ、ウトウトして状態になります。
全身麻酔とは異なり意識が無くなる事はありません。
治療中の指示に応対も出来ます。

健忘効果があるので、治療中の嫌な機械音、体に響く不快な振動などを覚えていない事がほとんどで、治療時間も短く感じられます。
「もう終わったの?」とおっしゃられる患者さんも少なくありません。

術中、麻酔医が患者さんの血圧・脈拍・酸素飽和度など全身状態をしっかり観察しておりますので、安心して治療に臨んで頂きたいと思います。

当院では東邦大学医科麻酔科、昭和大学歯科麻酔科より麻酔専門医をお招きして、上記のような治療を行う事が可能です。

歯科治療が怖くて受診出来ないという時代は終わりました。
しっかりとして治療を受け快適な生活を送りませんか?
どうぞお気軽にご相談下さい。

※保険適用にはなりません。

表面麻酔

「歯科の麻酔は痛いから苦手」

ほとんどの方が該当すると思います。
歯科医療従事者とて治療を受ける時には緊張しますし、麻酔は嫌なものです。

麻酔が痛いのは、麻酔針を歯茎に刺入する時、歯茎に痛点という感覚器官があるからです。

しっかりと表面麻酔をする事で、刺入する時に痛みを感じることなく麻酔を受ける事が可能です。

表面麻酔をする事で、お子様でもしっかり麻酔をする事が可能です。