詰めもの・インレー

インレー・詰めものとは

インレーとは、詰め物の事です。

虫歯が小さい場合には、その部分だけを削り、そこに詰め物をします。これがインレーです。

インレーも従来は金属が使われてきました。しかし、最近では色々と優れた素材の物が使われるようになってきました。

メタルフリー治療の項目でもご説明させていただきましたように、今はセラミックやハイブリッドセラミックなどを使用したものが主流になっております。

利点としては、メタルフリー素材ですので金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという点が挙げられます。

インレーの種類

セラミックインレー

セラミックインレー

陶材で詰め物にしたものがセラミックインレー(セラミックの詰め物)です。
白いインレーなので自然の歯と見栄えが変わらないより美しい仕上がりになります。

セラミックは変色がなく、プラークが付きにくい素材であり、金属の素材に比べ加工性が高い材質です。よって密着度が高いため、詰め物と歯との隙間から2次的に虫歯になるリスクを少なくできます。

素材 メリット デメリット
オールセラミック
  • 見た目が美しく自然の歯と変わらない。
  • 虫歯になりにくい。
  • プラークが付きにくい。
  • 金属アレルギーのリスクがない。
  • 金属素材と比べ咬み合うと擦り減ったり割れることもある。
  • 保険が適応されない。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜ合せた材料で、作られたものがハイブリッドです。

セラミックだけで作り上げたインレーよりもやわらかいので、周りの歯にダメージを与えないという優れ物です。

素材 メリット デメリット
セラミック+レジン
  • 見た目が美しく自然の歯と変わらない。
  • 硬すぎないので、周囲の歯や、咬み合わせであたる歯を傷めない。
  • 金属アレルギーのリスクがない。
  • 金属素材と比べ咬み合うと擦り減ったり割れることもある。
  • 時間の経過により多少色がつく。
  • 保険が適応されない。

PGA

PGA

PGAとは白金加金の金属で、ゴールドが約70%で白金が約5%の割合で作られ、使用するゴールドは20Kという金属の材料です。

ゴールドだけのものと比べると少し硬い金属になりますが、保険適応のものと比べるとやわらかい金属になります。

このことから、歯を食いしばることが多い人は、このPGAが金属の素材のものの中では適しています。

素材 メリット デメリット
ゴールド+白金
  • 金属なので強度が強く、力が強くかかる部位にでも使用できる。
  • 金属が溶け出して起こる歯ぐきの変色リスクが低くなる。
  • 金属アレルギーのリスクがない。
  • 見た目が金属なので良くない。
  • 保険が適応されない。

症例ケース

セラミックインレー

奥歯(小臼歯1本+大臼歯2本)
  • 施術前
  • 施術後

ハイブリッドインレー

奥歯1本
  • 施術前
  • 施術後