被せもの・クラウン

クラウン・被せものとは

クラウンとは、虫歯などで歯を削った後に被せる人工の歯の事で、「被せ物」や「差し歯」と呼ばれるものです。

メタルフリーの項目でもご説明させていただきましたように、銀歯から他の素材をオールセラミックやジルコニア、ハイブリッドセラミックやコンポジットレジンなどを使用したものが主流になっております。

セラミックなどを使用したクラウンは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。

メタルフリー素材ですので、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるというメリットもあります。

また、歯肉との相性も良く、プラーク(歯垢)がつかないので衛生面でも大きな利点があります。結果、被せ物周辺の歯肉の健康も維持できます。

クラウンの種類

上級クラウン

セラミックとは焼き物つまり陶器のことであり、オールセラミックは全体がセラミックでできたクラウン(差し歯)のことです。

当院では、アルミナやジルコニア素材のフレームの上にセラミックを盛り足していくので、より自然な色彩を再現しています。

素材 メリット デメリット
オールセラミック
  • 非常に見た目が美しく、ほとんど変色しない。
  • 汚れが付きにくい。
  • 全く金属を使わないので、アレルギーが起る可能性が極めて低い。
  • 割れることがある
  • 保険が適応されない。

中級クラウン

ジルコニアを使用したクラウンであり、ジルコニアフレーム単体の被せものとなります。

ジルコニアは、人の身体によくなじみ、耐腐食性が高い突出した強度を有するセラミックスであり、医療分野でも人工関節の素材として使われ、歯科補綴素材としても審美と強度を兼ね備えた素材として2000年以降広く使われている新素材です。

ただし、オールセラミックに比べると色彩の再現は難しいので、よりナチュラルな歯の色をお望みの方はオールセラミッククラウンがおすすめです。

素材 メリット デメリット
ジルコニア
  • 白く透過性があり、見た日がとても美しくナチュラルな歯の色調を再現できる。
  • セラミックの中でも群を抜いて強度が高く、口腔内の様々な状況にも耐えられる硬さを持つ。
  • 汚れが付きにくい。
  • 全く金属を使わないので、アレルギーが起る可能性が極めて低い。
  • 保険が適応されない。

低級クラウン

メタルボンドとは、中が金属で外から見える部分だけセラミックを貼りつけたものです。

素材 メリット デメリット
メタル+セラミック
  • 中身が金属なので割れにくく、どこの部位でも使う事が出来る。
  • 中の金属に貴金属を使えば、金属アレルギーを 起こす可能性が低くなる。
  • 中の金属によっては、金属アレルギーが起きる可能性が高くなる。
  • オールセラミックやジルコニアに比べると色調は劣る
  • 保険が適応されない。

症例ケース

オールセラミッククラウン

前歯5本
  • 施術前
  • 施術後
前歯4本
  • 施術前
  • 施術後

ジルコニアブリッジ

奥歯
  • 施術前
  • 施術後

e.maxクラウン

奥歯
  • 施術前
  • 施術後